汗が臭いなら新陳代謝の良い生活を

Posted On 2015年11月1日|

汗が臭い、これは簡単には済まない話で、私もある時期とても悩んだものです。

自分の汗が気になるなんて若い頃は考えたことすらありませんでしたが、数年前は自己嫌悪になるほど自覚症状がありました。

食生活もあったでしょうし、運動不足から来る新陳代謝の悪さ、体質ももちろん考えられました。

人との距離が近いとつい気になって話に集中できなかったり、だんだんと自分に自信が無くなっていく気がしました。

ある程度なら消臭効果があるスプレーなどで防げるのですが、それが根本的な治療になるわけでもありません。

専門家の診断を聞くのが早いと思いますが、少なくとも新陳代謝さえ改善できれば随分と変わるのではと思いました。

そのきっかけになったのは仕事でフィリピンに一週間ほど滞在したことです。

雨期と言われる時期だったのですが、その時に体から吹き出るほどの汗をかけたのです。

それまでサウナでもかきづらかった汗が体の奥から全部出るような感覚、もちろん滞在してる最中は四六時中汗をかくのでけして快適ではないのですが、帰国してそれまで悩んでいた汗の臭いがまったく気にならないのに気付きました。

きっと体の中の老廃物をフィリピンの暑さで出し切れたのでしょうね。それからというもの、とにかく汗をかくことを意識した生活に切り換えました。

仕事中は無理ですが、家にいる時や就寝時、できるだけ厚着して過ごすことで汗をかき易い体質にしようと考えたのです。

マメに汗をかくことで汗の臭いがほとんどしなくなりました。軽い運動も取り入れて運動不足解消にもなりますし、少しはアンチエイジングにも繋がりそうです。